■審判は気軽に出来ます!

「スピバド」で行う審判については、皆様からの問い合わせが多く、中にはそれを心配される方もいらっしゃいますが、基本的にバドミントンの基本ルールに沿って、主審と線審をやって頂いております。しかし、公式の大会とは違う点があります。まず主審をやる方は、協会や市主催の大会で採用されている公式審判のやり方(点数が入るごとにスコア表を記載しながらカウントとジャッジをするやり方)は採用せず、カウントとジャッジのみに集中頂いております。「主審はちょっとなあ・・・」と心配されている方はご安心下さい。また線審については、基本的にセルフジャッジを採用しております(例外的に団体戦等で参加人数が多い場合は参加者が協力しあい対応する場合あり)。是非気兼ねなくご参加下さい。

→【早速参加エントリーへGO!】https://hta-advance.com/reservation