◎重要→ スピバドの大会規定はこちら!

★スピバドの大会規定★

スピバドはバドミントン草トーナメントの大会開催及びその運営を行なう事を使命とし、その開催・運営に対し円滑かつ実直に嘘偽りなく行う事をお約束するとともに、ご参加頂く皆様が気持ち良く大会に参加頂ける様、以下「大会規定」を制定する。

【第1条】参加条件について

スピバドは、年齢・性別・居住地・国籍の不問及び協会・市の登録不問等、参加条件は特に制限がない事を理解し参加する事。また参加の際は、各大会のルール及び最低限のマナーを守り参加する事。

【第2条】エントリーについて

①スピバドの大会(以下大会と言う)に参加する際は、このホームページからエントリーを行なう事。その際、『事前確認文書』(周知徹底文書)を一読するとともに、ホームページのトップ画面左にある「◎重要→ エントリーのルール及びキャンセルのルールについて」も必ず確認する事。特にエントリー後のキャンセルについては、「各大会ごとにキャンセル期限がある」事を認識しエントリーする事。pdf 【周知徹底文書】大会にエントリーする際、必ずお読み下さい.pdf (0.11MB)

「新規参加無料券」を利用する場合には、各大会で事前に規定枠がある事を理解し申告する事(ない場合もあり)。またそれに伴い、全ての新規参加者に適用できない事も理解する事

③オンリーワンエントリー(おひとりでダブルス大会・団体戦に参加できる方法)及びペアエントリー(ペアで団体戦に参加できる方法)を利用する場合は、エントリーの際その旨を必ず申告する事。

④開催予定の大会において、万が一、参加エントリー枠が大会の出来る規定数に達しなかった場合には、大会自体の中止もあり得る事を理解しエントリーする事。その際、大会開催有無の連絡を大会開催日の5日前までに参加者全員にメール等で通知するものとし、天災やその他の急な諸事情(体育館側からコロナ感染拡大に伴う使用中止連絡や選挙に伴う使用中止指示があった等)で大会が開催出来なくなった場合も同様の対応を行なうものとする。

【第3条】参加費について

大会参加費は、現金のみの取り扱いとし(クレジットカードやその他の支払方法では受付不可)、各大会当日に常駐する大会事務局担当者に支払う事。

【第4条】大会参加時の服装について

大会に参加する際は、特にユニフォームやシューズ、ゼッケン等の指定はないものとする。但し、ジーンズは不可とする。 

【第5条】試合球について

各大会で使うシャトル(試合球)は、参加者様の持ち込みとし(超初級者ダブルス大会のみ除外)、各大会で定めた規定数を忘れずに持ち込む事。もし忘れた場合は、大会事務局から当日有償で購入する事。また試合球は日本バドミントン協会もしくはBWFの検定球で第2種検定球以上のものを必ず持参する事各大会ごとに何番の試合球をご用意頂くかは事前に案内あり)

【第6条】審判について

①各大会において、審判は主審のみとし、線審はなしとする。またエントリーの状況や体育館の利用制限(コロナ感染拡大防止対策等)の影響で主審もなしになる可能性がある事も理解する事。

②主審をやる場合は、カウントとジャッジのみ行なうものとする(市や協会等の試合で行なうカウントを取りながらスコア用紙を記載する方法は採用しない)。また線審は団体戦に限り、各チーム同士で協力して行なう事を可とする。

【第7条】プレーレベルの判断について

大会に参加した際、開催する各大会のレベル(オープン大会は除く)とは明らかに違うと大会事務局が判断した場合、または露骨に散見されたプレーヤーがいた場合は、そのプレーヤーとの試合をエキシビジョン扱いとし、勝敗は相手側の勝利、かつそのプレーヤーは順位なしとする。但し、試合はそのままできるものとする。また大会参加前に参加者様からの申告(大会直前の怪我でどうしても大会レベルとは違うプレーヤーとペアを組まないと参加出来ない等)があった場合も前述記載内容と同様の対応とする。

【第8条】大会参加時の棄権について

万が一、大会参加中のケガ及び諸事情(熱中症など)で試合続行が不可能になった場合、また参加者自ら棄権のお申し出をした場合は、試合数確保の観点から大会事務局より他の参加者様に追加試合の協力(エキシビジョン扱いでの試合参加)を要請する事が出来る。但し、協力する・しないは任意とし、ご協力頂けるプレーヤーがいた場合のみ試合を不戦勝扱いで行なう。止む無く試合数が確保出来なくなった場合(例えば、シングルス大会で最低4試合という条件にも関わらず、3試合しか出来なかった等)は、試合数に応じ大会事務局から該当者へ返金措置を行なう。その際、怪我等で試合が出来なくなったプレーヤー及び棄権を申し入れたプレーヤーへの返金は対象外とする。

【第9条】スピバドのレベル分け及び繰り上げ方式とその例外措置について

①スピバドの大会レベル分けを、『超初級者』・『初級者』・『初中級者』・『中級者』・『オープン』・『強者』の6つとする(2022年4月15日時点)。またオープン大会』と『強者大会』を除く前述4大会で、3回優勝したペア(ダブルス大会ではペアを代えての優勝でもその個人に「優勝カウント」を適用)及び回優勝したチーム(チームを構成したメンバー個々人に優勝カウントを適用)回優勝したシングルスプレーヤーについては、次回以降の大会では1つ上のクラスの大会超初級者クラスであれば初級者クラスへ、また初級者クラスなら初中級者クラスへ、初中級者クラスなら中級者クラスへ、中級者クラスならオープンクラスへ参加)参加する事なお、その該当者並びに該当チームが上のクラスへ参加を希望しない場合は、引き続き同じクラスで参加は可能とするが、「エキシビジョン枠で順位はなし」を了承の上、参加する事。但し、『超初級者』クラスへ下りてのオープン参加はどのような理由があっても一切認めない。

体にハンデを持っているかた(足に障害があるかた、半身麻痺があるかた)が事前に申告し、スピバドの大会で優勝された場合は優勝カウントの制限からは除外し、引き続き希望するクラスで参加できるものとする

【第10条】スピバドランキングについて 

スピバドのランキング制度は、全クラス共通で1年ごとに(1/1~12/31起算)ポイント換算するものとする。ポイントは参加するごとに1ポイント必ず付与するものとし、優勝で5ポイント、2位で3ポイント、3位で2ポイントを追加で該当者に付与する。またダブルスのランキングはペアを変更した場合、累積ポイントを全てリセットする。但し、入賞回数はペアを代えたとしてもその該当者でカウントを数えるものとする

【第11条】貴重品の管理・ケガ等の責任について

大会中の貴重品管理は全て自己責任とし、紛失・盗難等が発生した場合はスピバドの大会事務局は責任を負わないものとする。また試合中のケガ等も全て自己責任とする(スピバドの大会事務局では、スポーツ保険や個人賠償責任保険に加入する事を継続推奨中)。

大会参加直後にコロナウィルスに感染した場合も自己責任とする。なお、コロナウィルスに感染した場合は、速やかに大会事務局にメールや電話等で報告する事(使用した施設への報告義務あり)。 

③大会で使用する施設では参加者各自がマナーを守り、他人の迷惑とならない様配慮する事。万が一、大会事務局及び大会参加者への迷惑行為・盗撮等の違法行為が発覚した場合は、警察への届け出を行なうものとする。また使用する施設で参加者自ら物損を発生させた場合は、自己責任で賠償する事

【第12条】損害賠償の請求について 

大会当日のドタキャン、極めて悪質なエントリーのキャンセル、調査目的でのエントリー、大会参加キャンセル料のお支払いを頂けないかたについては、次回以降の大会参加を固くお断りすると共に、その状況如何によっては該当者を見つけ次第、損害賠償を請求する。

【第13条】写真撮影・動画撮影について

①各大会において、大会事務局で入賞者の写真撮影を任意で行なっている事、またスピバドのホームページに許可を取り掲載している事を理解する事(強制するものではない)。

②各大会において、参加者自身のプレー動画の撮影を行なう場合は、必ず対戦相手側に許可を取ってから行なう事。また無断でSNS等の媒体に投函しない事。万が一、トラブルになった場合は当事者同士で解決に向け話し合いを行なう事(この場合の責任も自己責任)。

【第14条】コート設営・片付け等について

大会開催前のコート設営・大会終了後のコートの片づけ・モップ掛けは、参加者で協力し実施する事。また各大会において、進行状況により予定時間が多少前後する可能性がある事を理解し参加する事(エントリーの状況により、急な会場変更や日程変更・試合形式変更の可能性もあり)。

【第15条】その他

①大会当日、交通機関の乱れ等で会場到着が遅れる場合は、大会事務局担当者へ必ず連絡する事(担当者の連絡先は大会前のご案内文書内に記載)。

②上記各条文記載内容以外で、大会運営面で問題が生じた場合、また運営上の改善要望があった場合は、スピバドの大会事務局と参加者様双方で真摯的に協議し、より良い運営継続に努める事。

 以 上

★大会規定制定者:スピバド運営団体 アドバンス事務局★

→【早速参加エントリーへGO!】https://hta-advance.com/reservation